売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうこと

  • HOME
  • 売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうこと

売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうこと

売却先を決める前に複数の会社に査定してもらうことは、車を高値で売却する上で非常に有効な手段です。

ただ、複数といっても何社位を指すのかというと10社頼んで成功した人もいれば2社で充分だったという人もいて、ケースバイケースです。

だいたい何社もの査定額を頑張って集める理由は、普段は知らない中古車の相場を知ることと、競争原理による高い値付けが期待できることに尽きます。

そこさえ押さえておけば、2、3社でも十数社でも実質変わらないということになります。

満足できる査定結果が得られ、あとは契約するだけとなったら、複数の書類が必要になりますから、あらかじめ整理しておくと良いでしょう。

また、軽自動車は認印で契約できますが、普通乗用車は実印と印鑑証明書が必須といった違いがありますから、気をつけてください。

必要書類は車検の際にも必要なので一緒に保管している人も多いでしょうが、車検証、自賠責保険証、リサイクル預託証明書、直近の自動車税納税証明書が必要になります。

それと、契約には実印と印鑑証明書が不可欠ですが、売却するのが軽自動車のときはよくある認印(インク浸潤式以外)であればOKですし、印鑑証明書の提出も不要です。

自動車を手放す手続きをする際には、車庫証明の書類はとくに必要とされません。

しかし、新しく自動車を購入した際には、自動車保管場所を指定して、車庫証明書を取得する必要性があるのです。

これは販売店側で代行サービスを行うケースが多いですが、個人で車庫証明を取得することも可能です。

ちょっと手間はかかりますが販売店側に手数料を支払わなくても構わないので、挑戦しても良いのではないでしょうか。

自分で手続きするときには、古い車はどのようにしたか説明しないといけないので、必要書類としては売買契約書が挙げられるでしょう。

いままで乗っていた車を売却すると、今度の車の納車日までに日にちがあいてしまうことも考慮しなければいけません。

家族の車や公共交通機関などで対応できればよいのですが、自動車なしではいられないという人は代車の手配をしないことには車を売ることができません。

実際、代車の手配はどこの買取り業者でも受けてくれるというものではありません。

あとになって慌てないよう、買取査定をお願いする時に代車手配が可能かどうか確かめておく必要があります。

車体に凹みやキズがある中古車は査定額が下がるのが普通です。

しかし、マイナス査定を避けようと前もって個人でキズなどを修復することは止めた方が良いでしょう。

前もって個人でキズ等を直したといっても、修理に要した費用以上に見積金額が高くなるケースはまれだからです。

車を自分で直そうと考えるより、中古車を実際に買い取った後で、販売店から提携先の業者に修理をお願いした方が費用を抑えることができるというのがその訳です。

査定にはあらかじめ決められたガイドラインがあり、査定士はそのチェック項目に従って対象車の市場価値を計算するのが常です。

ボディは小傷でマイナス何点、屋内保管で状態が良くてプラス何点などと、客観的な価格決めを行うわけです。

実際に見るポイントというと、確実なのは修理歴と、現状未修理のヘコミやキズ、車の走行キロ数といったところです。

査定のプロが見るのですから、修理歴を隠蔽したところで隠しおおせるとは思わない方がいいです。

業務用の車でない限り、一定以上の距離を走った自家用車は、買取り業者による査定の際は、走った分だけ減点評価されるのが普通です。

5万km超は多走行車といわれるあたりが減点対象ですが、極端なところでは10万キロ以上走った車は過走行車と言われ、価格がつかないこともあります。

とは言うものの全くの無価値だとか売れないといったわけではなく、まだ道は残されています。

この業界には一般の中古屋とは別に、過走行車専門店があります。

そういった業者に相談すると、部分ごとに細かく査定してきちんと価格をつけて買取りしてくれるはずです。

全部というわけではありませんが、中古車の売却金は課税対象になるケースがあることを覚えておきましょう。

所有者が個人であって、通勤専用車であれば所得税の対象にはなりません。

レジャーなどに行くときにも利用していた車であれば、今度は所得税を払わなければならない可能性が出てくるのです。

具体的な数字では、車を売ったお金が買ったお金よりも50万円以上高くなったときに所得税を支払います。

仕事でも使っている車体を売却するときには、また別途違う決まりがあるので、不明点は確定申告のときに税務署のスタッフに聞いてみてください。

査定を受けないことには中古車の売却はできません。

一括査定サイトなどのウェブサービスで得られる査定額は目安的なものですので、後に現物を見た上で買取り価格が算出されます。

満足のいく価格であれば、印鑑証明書(軽自動車は不要)や必要書類一式を用意して業者の用意した契約書に署名捺印します。

それから業者から派遣された運転手が車を引取りに来たり、名義変更などの作業を終了したあと、指定した口座にお金が振り込まれ、すべての売却手続が終わります。

自分の持っている自動車を売りに出す前にキレイに洗っておくことは、査定額にダイレクトに反映するわけではないのですが一円でも高く売りたいオーナーには是非やってもらいたいことですね。

実は自動車が洗車してあってもそうでなくても、査定額はそうそう変化するものではないのです。

しかしながら、自分は今まで車の扱いが丁寧だったという事を買取店舗に対してアピールするポイントになるのです。

手荒に使っていた人よりも買取会社は信頼感がアップするでしょうから、見積金額が高めに付く可能性が出てくるのですね。

Copyright (C) 2014 車を高く売りたいけど面倒なことはしたくないのです… All Rights Reserved.

Page Top